停電時の太陽光発電システムの「自立運転コンセント」活用方法

もしもの時(災害・停電時)には何が使えて何が使えない!?

少し専門用語も交えて紹介していくので聞きなれない言葉もあるかと思いますが、
ご家庭の(余剰)太陽光発電システム 災害時(停電)パワーコンディショナーのスイッチの切替でパワーコンディショナー1台に付き、太陽がパネルに当たっている時最大1500wの電気が使用できます。
先の震災では、携帯電話の充電でよく使われたと聞きました。

1500wあれば何が使えて何が使えないのでしょうか。一般的な家電の電力を見てみましょう。

エアコン 50 – 2000w 電子レンジ 600 – 1500w 炊飯器 300 – 1400w
こたつ 600 – 800w 冷蔵庫 150 – 500w 洗濯機(乾燥) 1000 – 2000w
テレビ(液晶) 50 – 250w IHコンロ 3000w ドライヤー 600 – 1200w
パソコン 20 – 200w ホットプレート 500 – 1500w  照明(蛍光灯) 60w
 充電(携帯) 5 – 15w 食器乾燥機 1200 – 1300w  充電(電動自転車) 100 – 600w

ほとんどの家電が使えるじゃないか!?と勘違いしないでください。もちろん複数台の家電を同時に使用すると電力量は加算されますので加算後の電力量が越える場合は使用できません。また、当然ですが太陽が出てないと発電できません。曇りや夜では利用できないのです。あくまで災害時の非常電源用として太陽光発電システムに過度の期待をするのもよくないですし、災害用のためだけに高い太陽光システムを購入しようというのもおススメできません。

そもそもパワーコンディショナーとは!?

パワーコンディショナー(パワコン)とは直流の電気を交流に変換し、家庭用の電化製品などで利用できるようにするための機械です。
太陽光発電で得られる電気は直流のためそのままでは使えないのでソーラーパネルとパワコンの両方が必要なのです。

また、パワコンは停電を感知(電力会社からくる電力が停止)すると自動で停止します。これは送電網に故障があり停電が発生した場合に備えてですが、ソーラーパネルで発電した電力が故障した箇所に送電されてしまうと感電や火災などの原因となるためです。なので停止したパワコンを手動で切り替ること必要となるわけです。

パワコンには停電中でも日照さえあれば電気の取れるコンセント(自立コンセント)が1つあり、屋内用と屋外用とで自立コンセントがどこにあるのかが変わってきます。施工時にきちんと設置位置の確認が必要です。なお、停電中は自立コンセント以外の一般のコンセントは全て使用できなくなりますのでご注意ください。

停電時にどうすれば発電した電気を使えるの!?

屋内設置のパワコンの場合は、本体側面か底面にコンセント付いているかと思います。使い方は、停電時にパワコンのスイッチを切ります!そして、スイッチを再投入すると5秒のカウントダウン後に使用が出来ます。最大1500wです!使用容量を超えてしまうと、パワコンディショナの運転が止まりますので要注意です!まあ運転が止まりましても再度、パワコンディショナのスイッチを切り、スイッチを再投入すると5秒のカウントダウン後に再使用が出来ます。

停電復旧後も手動での切替が必要です。手順は同じですがパワコンのスイッチを切り、スイッチを再投入すると今度は300秒のカウントダウン後に連系運転(売電可能)になります。
しかし、ここで何もしないでほったらかししておくと、ずっと自立運転のままです!電気を売る事が出来ませんので、ご注意してくださいませ。

自立運転コンセントが無い!?

屋外設置パワコンの場合が、少し問題がありますのでご注意ください。本体に自立運転コンセント付いているタイプもありますが、ほとんどが、屋内に新しく専用のコンセント設けるタイプです。

太陽光発電システム普及しすぎた昨今、太陽光発電システム販売の安売り合戦!一部の販売店様は、利益確保の為、施工店に値切り交渉をします。施工店は渋々了承し、工事の品質を下げ工事を・・・・(全てでは無いですが。)その結果、屋内に自立運転コンセント施工を端折る事があります・・・施工の手間が掛かってしまうからと・・・
自立運転コンセントの施工位置は利用者にとって使いやすい場所に設置しないと意味がありません。これから設置予定の方は必ず確認しましょう。
既に太陽光発電システムを設置している方も必ずパワコンの操作手順と自立運転コンセントの位置を確認するようにしましょう。災害や停電はいつ発生するのか分かりません。停電時に速やかに対応できるように備えておきましょう!!

残念なことに屋外設置型のパワコンで確認した結果、自立運転コンセントが無いと言われる方もいられると思います。ここまで読んでいただけた方なら自立運転コンセントは必要だと感じてもらえると思います。その場合、信頼のおける電気工事屋さんで有償になりますが施工してもらえると思いますので問い合わせてみてください。

追伸、屋内設置のパワコンディショナでも自立運転コンセントを別配線として使いやすい所に設けられるタイプや、全量買取の太陽光発電システムの屋外設置型のパワコンでも自立運転コンセントの増設ができるタイプなあります。(お家の構造上出来ない場合もあります。)
販売店様にご確認を!

まとめ

今回の記事は少し情報量が多くなりましたので最後におさらいです。

  • 太陽光発電システムを設置して停電した場合、使えるのは1500wまで
  • 停電中は自立運転コンセントからしか電源を使用できない(一般のコンセントは使えない)
  • 自立運転コンセントが設置されていない場合は電気工事店に相談しよう


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


オススメの地震感知器


おすすめ記事

このサイトについて

阪神大震災や東日本大震災を経験し、南海トラフ巨大地震も近い将来必ずくると言われている昨今、地震やその他の災害に対する備えは万全でしょうか。
このサイトでは震災の被害を最小限に抑えられるよう様々な商品をランキング形式で紹介し災害で命を落とす方が一人でも少なくなるよう情報発信を続けていきたいと思っております。

ピックアップ記事

  1. 2017.08.14 | 防災知識

    断水時のエコキュートの「貯湯タンク」活用方法
    災害時の水道復旧は遅い!?前回、停電時に太陽光発電システ…
  2. 2017.07.29 | 防災知識

    停電時の太陽光発電システムの「自立運転コンセント」活用方法
    もしもの時(災害・停電時)には何が使えて何が使えない!?…
  3. 2017.07.26 | 防災知識

    大雨災害はなぜ発生する!?
    ■平成29年7月 九州北部 豪雨災害について平成29年7…

スポンサーサイト

電気工事 大西電工

島田電気